A contre-jour

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝ノ沢初秋DH

<<   作成日時 : 2010/10/16 19:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0



I see only what I wanna see
I'll be only what I wanna be
My blanket covers me, yes

画像


画像


 陣馬高原まで自宅からランしたこともあり滝ノ沢へバイクでいくなんて楽勝だ。今日は丹沢ネーサンの方面でなく、余裕で街道をマッタリと進むョ。
 八王子織物の建物はひっそりとあるけれど、その造りは流石に丁寧で重厚だ。ここで製品を買ったこともあるんだョ。この辺には、量り専門店や、化学ガラス器機の店もある。少し先に、群銀(群馬銀行)があるのは、生糸を介した桐生などとの昔からの縁だろう、やっと気づいた。ここらは、八王子の街の核心部といってもいい。自分が住んでる辺りも八王子市なんだけれど、本当の八王子じゃない、ただの南多摩さ…

画像


 行きのBlue Mightyは撮り損ねるも、帰り、「あずさ」は捉えた。この踏切は、相模街道踏切というようだ。
 初秋といっても汗ばむ。暑さがずっとずれ込んでいたので、夏のキノコが今成長し、秋のキノコとまざり森はキノコだらけになっているという。そういえば、夜顔が咲いていて、近所の朝顔系の花も、まだ元気だ。林道にはアケビの殻が転がっていたが、猿の仕業だろう。

画像


 林道滝ノ沢線は、今日は涸れ沢線だったし、奥の小沢も全く音がしていなかった。まあ、ヨーグルト味のチェルシーで気を取り直せ。角礫のトレイルを登って行けばヒンヤリとしてくる、特に日影の空気は冷たい。

画像


登り切って道が水平になると小尾根をぐるぐる廻り込み、泥質の路面に落ち枝、崩落石が散らばる。あまり意味のない林道で、27、8年前に延伸されているけれども、国有林の中を途中まで貫いたというだけ。山歩きのサブ・ルートとして使われるくらいであまり人は通らない。だが、路面が礫質であることから、バイクの下りをやりによく来るんだ。そう、お山の泥道よりは、どちらかというとこういう方がスキなんだ。下り終えても、まだ、愉しみはあるよ。ゲートの先の固締まりのダート、そして、アスファルト路面に乗り出て行くにつれ、路面から伝わるシルキーな滑らかさが2段階で官能的なのサ。ちょうど、このイモジェン・ヒープのノーマルとファルセットボイスが断続的にチェンジするような感じだ。シッカし、ベックもイントロで、ヒープの名を取り違えるなんて、かなり失礼だゼ。

画像


 この紫の野草が咲いている奥で沢音がするので帰りに寄ってみようかと思ったが、DHにかかりきりで、すっかり忘れてしまった、当然だよネ。

画像


画像


画像


 大岳や恩方境の稜線が見える。奥の方は、丹沢顔負けの広葉樹の自然林帯も少しあるね。そしてベージュの砂岩がこの山の岩質なんだ。摂理しやすく、道に散らばる。その上をバイクで下るとガクガクとシェイクされる、これがいーんだョ。ドライブ系のパーツとチェーンがカシャカシャと好音調で、リアタイアのノブが角礫でスナップ音を立て、リアホイールが横蹴りされたりする。どうだ、馬鹿ダロー? これが楽しいなんて。

画像


 ゲートに近い方は、新しい砂利に入れ替えられているので注意だ。そういえば、思い出した、早戸大滝行きの帰り、伝道から岩石セクションを下る時、疲れで蹌踉けて、内股がサドルにひっかかり、ほぼ新品のCW-Xが縫い目から20cmほど裂けた。今回はそんなことなかったが、気を付けないとな。

画像


 ロングランはもとより、この頃、バイクでもほとんど補給食は摂らない。今日もキャンディ一粒と水だけだ。まあ、何か食べに行くんじゃなく、ライドが満足行けばそれでいいんだ。実は五月の神ノ川で自分で作った補給食がド級のまずさで、それが尾を引いているんだが、まだ言いたくない。
 それにしても恩方の山は街に近い。陣馬街道を川原宿から少し行けばそれなりの山間の雰囲気で、八王子の街の核心部ともそんなに離れていないよ。でも、その核心部もマンションに囲まれてチョット気がかりだ。
 北浅川の水の量は多かったのに、滝ノ沢の水はどうしてなかったんだろう。あの小滝ももう少し踏み込んで見ようと思ってお助けロープ、シュリンゲ、カラビナも携帯していたんだけれど。まあ、枯れ沢を歩くほどの寄り道はしなかったョ。
 久しぶりの陣馬街道、小田野あたりはズット宅地化が進み、あの鄙びた雰囲気がやや薄れていた。街道が角度を変える切り通しを入ると、小高い緑の丘陵ぎわの小道が続き、ここはバイクで行けそうだ。その、丘陵の街道側に沿って宅地が切り開かれている。川原宿まではもう市街地と言ってよいなぁー。

画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

滝ノ沢初秋DH  A contre-jour/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる