ブレーキ・サービス

画像


またまた、チャリのメンテです。今回、ディスク・ブレーキのサービスです。キャリパーとパッドの洗浄とピストンの当たり調整をします。ほったらかしにすると、この部分、金属粉が溜まります。ピストンの押し出し量も手順に沿って修正しましょう。でないと、時たま、何かの拍子にローターがシュリ・シュリ接触し、微弱であっても私は耐えられないのです。走行中覗き込んでも何の役にもなりません、危険です。ミドルギアのチェーン接触音も嫌ですよね。合わせて、SIS調整も思う存分やりくさります。

キャリパーは二世代古い975です。CX用です。使い倒したら、マグラーにしたいです。メンテ台を調整し、ハンドル上のブレーキオイルリザーバーを地面と平行にし、蓋を開けます。タンク周辺を布で巻き巻きしてもいいです。私は慣れましたので、ハンドルに接触しなければ、オイルをぶちまけることはないです。最初の頃は頭からオイルをかぶったことを思い出しました。フロントですね。ピストンをプラのタイヤ・レバーで内部壁と面一になるまで押し戻します。キャリパー内部とパッドは、しかるべく洗浄です。手順通り、朱色のパッド・スペーサーを下からキャリパーに差し込み、ブレーキ・パッドを貫通する軸を通し、スナップリングを装着します。ブレーキ・レバーを数回握って、左右のピストン初期位置を均等に出します。オイル・リザーバーの油面を確認し、オイルが足りないのでピンクのミネラル・オイルを足し増しします。空気排出のために少し時間を置きましょう。手も洗っておきましょうか。

オイル系の作業時は換気注意です。これから寒くなり、直火焚き石油ストーブや温風ヒーターなんて置いちゃーいけませんゼ、旦那。CRCやパーツクリーナーのガスで引火しますゼ。

新しい軍手をつけます。車輪を取り付け、今度はローター調整です。まず、スペーサーを外し、キャリパー台座のボルトを若干緩めます。ローターにディスク・ブレーキ・ギャップ・メジャラー(パッドとディスクの間の隙間調整をする薄い金属片)をかまして、両パッドの間にもろとも差し込みます。市販のものでなくても、厚手のブリキを金鋏で切って作れます。切断面にはサンドペーパーを掛けておきましょう。ブレーキレバー引き、レバーをハンドルにタイラップで固定して、台座ボルトを適正トルクで締めます。思い切り締めると、いずれ、スレッドが剥がれてしまいます。スレッドが逝った場合には焦らず、リコイル処理です。車輪を回転させ、干渉がなければ、対の台座ボルト穴にワイヤーを通し、ねじりを掛けて止めます。純正でなくても適当な番線のワイヤーでOKです。ワイヤー固定はめんどいですが、運用中の弛みは少なくなります。


物持ちが良い方なのでマグラーは遠い気がします。