代赭色

 A22I1160.jpg

「丸山(眞男)が『忠誠と反逆 -転形期日本の精神史的位相』の中での論文「歴史意識の『古層』であげていたニッポン人の歴史意識の古層を形成する特徴的なことばは、「つぎ」「なる」「いきほひ」の三つであった。...

A22I1163.jpg


 丸山眞男の論が正しいかにあまりかんしんはない。ニッポンの昭和十年代の熱狂としか名状のしようのない、およそ論理的一貫性というもののない、熱に浮かされ、地に足がつかぬまま、命じられるままに大挙集合し、あばれまくる様は、「つぎつぎになりゆくいきほひ」そのものではないかともおもわれる。...

A22I1176.jpg 

 丸山はおなじ論文で、「『歴史的相対主義』の花がどこよりも容易にさきこぼれる土壌が日本にはあった」というずいぶん重要な指摘をしている。さらに「この歴史的相対主義の土壌が『おのづからなりゆくいきほい』のオプティイズムに培われている」ことの問題や「われわれの歴史的オプティミズムは(辺見注=過去ではなく)『いま』の尊重とワンセットになっている」ことのニッポン的思惟様式の特殊性を説明しているのだが、これらのこととげんざい吹きすさぶ歴史修正主義(歴史のぜんめん的ぬりかえ)の嵐が無関係だとはとうていおもえない。」辺見庸『1937イクミナ』2015年、金曜日初版、68-69頁。

A22I1179.jpg

A22I1182.jpg

A22I1183.jpg

A22I1188.jpg


冬の散歩道


 カモが遊泳する波形。極めて繊細な部分がありますね。カモ撮ってんだか、波形撮ってんだか、その両方です。

A22I1144.jpg

 戻り道で、いたね☆。アオサギ。

 でも利口です、人目から見るのが難しいポイントを選択して立っています。木立や藪で、こちらからは見えにくいです。回り込んで近づけば、すぐに飛んでいってしまいます。しかし、大きな川にいる奴ほど警戒心ない感じ。

 首を伸ばした時は、魚影を見つけた時でしょう。真剣な眼差しです。

A22I1130.jpg

 悲しそうですなー、ワダスのようです。これは時間が前後して、首をかがめている方が先です。どっかの群れからはじき出された個体ですかね。

A22I1122.jpg

 冬木立。ゴッホの鉛筆画のように。

A22I1118.jpg

 節穴とバックの黄葉が面白かったので撮りました。

A22I1116.jpg

 冬の散歩道は寂しい方がいい。焦点はカーブの落ち葉の部分です。なにやら黒い木立に、柔らかな蒼みが。
Otusで撮ったらもっと妙なる絵になった鴨。ナハ!

A22I1112.jpg

カワウ三昧

 カワウ三昧。これもいいものです。

まずは、ポツネンとヒヨドリがいます。

A22I1025.jpg

A22I1097 2.jpg

 結構、精悍な顔つきですね。誇らしい姿勢。

A22I1098 2.jpg

 これは、先輩ですね。ロマンスグレーですか。ワタスもグレーありますが、こんなに綺麗じゃありませんぜ。

A22I1053.jpg

泳ぐ水面。

A22I1056.jpg

A22I1061.jpg
A22I1066.jpg

A22I1069.jpg

A22I1073.jpg

羽ばたき寸前。

A22I1078.jpg

嘴の手入れですか?

A22I1080.jpg

A22I1090.jpgA22I1092.jpgA22I1095.jpgA22I1096.jpgA22I1101.jpgA22I1105.jpg