風景の「逆襲」

3A7A0902.jpg

 築地3丁目の都バスのバス停に一時停車しているのは長距離物流トラック。交差点角っこビルの、今風の壁面も、有名な弁当屋や鉛筆ビルホテルも、木々に隠れた京橋郵便局も、代赭色の禿げた東劇ビルも、なんとなく「敵対的」に感じる。関東、東海、九州を結ぶ緑の幌だけが進行性を持っている。

銀座はもう秋

  銀座の街は、はや、もう秋ですね。

  3A7A0901.jpg

 今年のルージュは正統派の赤ですか。こちらも紅が多いです。

 3A7A0907.jpg

  そして、定番の車輪ディスプレです。衣替えですな。
3A7A0912.jpg

3A7A0919.jpg

処暑過ぎ

 確かにひと頃の猛烈な熱暑は収まってきましたね。この花が、道路の植え込みの各所から首を下げています。
3A7A0899.jpg

3A7A0893.jpg

 ところで、iMacのキーボードが逝かれて(これで2度目)、電源を本体から引っ張るMagic Keyboardに換装したんですが、OSをHigh Sierraにアップデートする必要があり、面倒でした。特に写真ファイルのインデクス作成に時間がかかって、ぶっ壊れるんじゃないかと思いました。

   Sierraはスペイン語で「山」。ハモン・セラーノの「セラーノ」と関係しますが、日本のハモン・セラーノは全然味が違います。チョリソーなんて嘘ばっかし。現地に行ってこそ、ハムソー文化の深みを知ります。ニッポんでは土台無理。そうめんのゆずおろしの方がよっぽど気が利いたもんです。皆さん、「廃棄物」食ってますか?

 一方、こちらの花はいつまでも暑苦しい。

3A7A0898.jpg

ドロミテ

 兄ちゃんよ、アシストならば丹沢より簡単だぜ。


  ヘリで車体あげたんだろ? 夏場の熱暑も、蛭もいないよね。ジメジメでブ壊れるリッジもないよな。WCのDHならば姫次から伝道までのダウンヒルだよな、多分死者多数。榛の木丸の勾配はきついぜ。ただもんじゃねー。あそこやったら死ぬで、だからもうやらない。走りの登るんじゃなくて、制動かけて下るのは「死」。大杉沢は、落ち系のバイクでは可能だろうが、そんな技術はない。どんだけ、周りの状況の把握が必要か?死体製造ダヌ。流星法でやるならば別だけれども、鋭角のハーケンをあらかじめ打っておいて、そして、滑車で移動。そんなことはもう考えていない。それはレスキューの領域だ。大雨なら行動できないし、天候次第だ。支点に頼り切れるかも微妙。ナッツなど信じないので、やっぱり打つな。だが、あそこは、それだけでは足りなくて、生木ビレイとその場の状況で判断。丹沢は岩質もろい、新しい山域だから。

 アシストバイクの映像なんて感動も関心もしないぜ。外出ればアクシデントは背中に乗ってんだ。それをどうするかが「醍醐味」でもある。でも、丹沢の小稜線をバイクでやるのはたまらないな。多分、もうできねーな。かな?

  この空送のサウンド、こそが命。ナハ!https://youtu.be/cURc0fbsh1s

サスほぼフルストローク

 いゃ〜、懐かしい。グラシアのでかいガタイに26インチ。ロックショックスのダブルクラウンが目一杯ストロークしています。今は、29, 27.5インチが主流ですが、サイズなどどうでもいいわ。

 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4AX0WV0q154" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

  フロントサスがフルストロークするような走りは、リーサルです。つまり限界域。パツパツでちょうどいいのです。

弾は出ないチャカ

辺見庸ブログより

「若き工藤さんが翻訳し、高橋和巳が解説を寄せたそれを、わたしは拳銃のようにもちあるいたものだ。」そんな強力な生ける言葉に飢え続けている。飢えている、岩場のように飢える。スラの森田勝を思い出した。

立秋


 暦の上での「秋」。ランニング開始しました(実は月曜にも少し走りましたが)。ウェストボトルポーチを付けて、ゆっくり目から入ります。
 汗の出具合は上々の90分JOG。佳日。


A22I9287.jpg

津久井湖チャリ

 またまた、暑さ慣らしのチャリです。そして、また、一眼背負いです。ランニングは暦が秋になってから本格的にやるつもりです。今年は、一時、カーッと暑くなり、その後、長雨・低温傾向で、体が十分に発汗に対応していません。歳なりに自重が大事です。

3A7A0873.jpg

 瓶入りコーラの販売機ですが、瓶は入っていませんでした。まあ、オブジェですかね。あとで、体内が「ベタ」つく、コーラの類は飲みません。

3A7A0876.jpg

 こんな熱暑に道志みちを延々やる気力も体力もアホさ加減もありません。

3A7A0880.jpg

 水は1.8Lくらいとりました。サイコンの直射温度、最高42度でした。ヘルメットのバイザーを汗が伝わって流れます。これは冷却作用でいいことです。ランニングでも後頭部を中心にさらっとした汗が流れるようになれば暑さ順応も始まりです。

 帰宅してから、後輪タイヤのスローパンク発覚。バルブ元の劣化でした。いやー、この熱暑で走行中にお釈迦になって、チューブ交換は酷でしたわ、クワバラ・クワバラ。消耗品の点検ということですね。

 今一番変えたいのは、フロント・ハブのベアリングと、フロント・ホイールのスポーク全とっかえですね。ベアリングは大したことないし、スポークは100本買いですから、根性が入ればOKでーす。

 リヤのスポークはサピムで若干柔らかくてなかなかいいです。フロントはDTチャンピオンで、締めます。

 ⭐︎

 そんでもって、メンテです。

 戸棚のチューブを取り出して、二回交換したんですけれどモォー、セットしてエアー入れると、即萎みます。

 アリィー、これりゃーパンクチューブを処理してケチっておいたやつじゃん。ダメだー。当然、タイヤの裏側をサクってなんか刺さっていないかも途中確かめました。結局、お助け袋に入れていた、新品のシュワルベでカタが付きました。

 タイヤ外すのに兇器、ParkToolのTL5を目一杯使いました。ワイルドだべ〜ぇ。

 サイドビードの硬いタイヤのMAXXIS、CROSS+MARK チューブレスはもう絶対使わないぜ。交換、交換。アスペンにするかぁ〜。サイド・カットの心配もあるけれども、もう、そんなところ行きませんからね。DTのクロス用のリムだと、前はスポーク折れました。自作だからボロだったんでしょう。

 チャリは、接地面の「具材」から劣化します。タイヤ、リムテープ、チューブ、スポーク...  ゴム製品は経年劣化バッチリです。魂ノリノリの山サイでは、その基本がほぼ日常になって、あらゆるトラブルを念じている部分もありますけれども、ま、安全走行。

 ⭐︎

 やっぱ、空気圧確認、リムテープ、チューブ、タイヤの定期交換ですね。ま、チャリは乗ってなんぼ、それだけ愛情もなんぼですね。

 帰宅途中の坂で疲れて、疲れを維持してケイダンス保持していると、オサーンのアシスト車に抜かれました。ナハ。

 意地悪く、オサーン、ヤマ入らないでね、電力切れれば、ただのオサーンだぜ、ナハ!!

コガネムシ

 涼しげなメタリックグリーンですが、こいつの幼虫の食欲は旺盛で、バラの根を食い散らかします。梅雨時にオルトランを散布しました。

A22I9317.jpg

多摩川暑い

 久しぶりの鳥撮ですが、河原は陽を遮るものがなく、とんでもない暑さです。暦の上ではそろそろ「秋」ですが、とんでもない。

A22I9321.jpg

 多摩川原橋の下でちょっぴり涼みます。鳥、遠いです。近寄れません。久しぶりなので、己の気配丸出しですね。携帯したレモンスカッシュが温かいです。甘ったるくなってまずいなぁ〜。氷をたくさん詰めたほうじ茶の方がいいですね。もっといいのは、簡易コンロで暑いほうじ茶を沸かし、入れ込んでやることです、多分、極旨でしょうな。

A22I9354.jpg

 汗だくです。岸のオニグルミの木陰に隠れて撮りました。本来ならば、オニグルミの葉に唇を寄せ、感触を愛撫してやるべきなのですが、久しぶりなので、失念しました。オニグルミの木陰で鳥を撮る、考えようによれば、己も小動物になった気分じゃないですか。半分それを感じました。

 でも、ハヤブサがやってくる時刻まで、とても粘れません。それに、カラッと晴れて、視界の効く大気じゃないと奴は来ません。

 ざるそばにビールで帰るか! なついあつに、多摩河原なんか来るもんじゃないです。やっぱ、上高地だよなぁ〜(でも人でごった返してるでしょうね)。

 丹沢、平丸あたりまで登り、カラマツの木陰で、土鍋で鍋焼きウドンを煮るなんて、サイコーであると思いますよ。でも、その場で、ウドンに入れるエビ天を揚げたら、超逸脱人ですよね〜、ごくり、ナハ!ナハ!😃😃😃😃😃

A22I9357.jpg

文月最終 ー夏休みの自由研究

A22I9291.jpg

この水面上の茂みの根元がカワセミの巣になっています。手前の水中倒木は、昨年の台風で倒れたもの。

A22I9296.jpg

 ばて気味の鳩。

A22I9298.jpg

 自然館の展示品、ぽんぽこボンネット・バス。

A22I9304.jpg

 倒木の根元です。水中の枝は、魚の住処となっていることでしょう。

A22I9302.jpg

 ヨツボシトンボ(?)

A22I9307.jpg

  方角を確認します。

A22I9310.jpg

 久しぶりに鳥を撮ってみました。

夏空

 銀座周辺は木立が少ないので暑さがひとしお。

3A7A0835.jpg

 歌舞伎座の裏手には、まだ昭和の空間が残ります。歌舞伎そば、狭いです。立ち食いではありません。

3A7A0822.jpg

 築地4丁目交差点。

3A7A0849.jpg

 銀座4丁目交差点。

「空白への旅」

 今から何年前なのか、そんな算用はどうでもいい。

20160824090449.jpg

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/rKpokMPhWX4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

 最後に、辺見が「街中華」で、喰らうビールとラーメンがとてもいい。

 ウェブリよ、YouTubeが張れねーじゃねーかよ、腐れSE使ってんな、このタコ!!

小倉橋チャリ

3A7A0817.jpg

 ウィルス性夏風邪と曇天・雨天のためにランニングは2週間ほど控えていました。本来ならば夏は「走らない」ことがベストです。

3A7A0812.jpg

 夏風邪も引いてきたし、一眼レフ背負ってチャリに跨ります。坂では、生汗がとっぷりと出てきます。メットのバイザーから汗が滴り落ちます。

 下手するとカメラに塩汗がしたたってしまいそうです。速乾タオルで汗をぬぐい、マールボロ12mを咥え、点火しようとしますが、ジッポが、バカか、つかねーぞー。おもむろに、ロゴスの簡易バーナーを取り出して着火です。うーむ、辛甘いぜ、ナハ!

3A7A0809.jpg

 やべっ、朝めしは軽くだったので、すぐにCVに寄って、ソコラ辺の弁当を内容を見ず、一つさらい取り買って、外で、地ベタリアンになって、麦茶で補給します。さらに、串川と相模川の出合い近くのCVでソフトクリームを喰らい、挙げ句の果て、橋本のCVでノンアルコール・ビールをヤりました。

3A7A0816.jpg

 コンビニ周回じゃねーか!! まあ、暑さ慣らしということで、ナハ、ナハ、ナハ。腿痛てーよ!