テーマ:ランニング

立秋過ぎ

 花が微妙に変わりました。驟雨の後の湿度90パーの中のランニングはちと辛い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏ラン

 90分以上走ってみました、できるだけ木陰を通って。それでも走後、ダメージありますね。冷たい蕎麦食って、スイカ食ってやっと落ち着きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋

 暦の上での「秋」。ランニング開始しました(実は月曜にも少し走りましたが)。ウェストボトルポーチを付けて、ゆっくり目から入ります。 汗の出具合は上々の90分JOG。佳日。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小暑

 走り続けていると、溜まった疲労に気がつかず、「濡れ布団」現象が起こり、ある日、ブレークダウンがやってきます。まあ、梅雨時のランニングは、涼しい時もあり、それなりに趣がありますが、やはり、カラッと晴れた盛夏のランニングが好きです。  その、疲労がたまっている時の、渋谷の駅はたまりませんなー。ビル建てたり、路線を寄せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最早朝のランナー

 最早朝のランナーは美しい。が、私は、何かを考える。沢に行くこととか。一者に出会えるのは、朝の10時に山のテラ黒い核心部分に到達できた時だと思う。雄鹿のように精液を漏らしてな。  そうだ、ロマンチストは、相手と時に慎重な根性をかけ続け、人生の今中を生きるのだ。   夕暮れのラン、特に冬場には別の味がある。本当の冬場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもの日

 昨日4日は、荒天で雹も降りましたので、ランニングはなしでした。今日は腹の具合が悪く、途中危機的でしたが、ランの最中にHCに飛び込んだのです。  コルトーナ多摩という結婚式場だったのですが、経営が思わしくなく「丘の上のなんとか」という名称になったようです。本日は仏滅なので稼働はなかったでしょう。景気がいいのは斎場か... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーベラ

 走ったけれども、花粉が多くて、外で花を撮る気にはなれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アディゼロ

 啓蟄近し。アディゼロ・ベコジ。  バウンスと言ってあるが、これは調子のいい時のスピード練習用だ。固くてロングには向かん、ナハ!痛てーぞ。  膝周りぶっ壊す。  これならばアシックスのマラソン・ソーティーの方がなんぼましか。大足の力任せのランナー用。高校生にも勧められん、ナハ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小き花

小き花  昨年の今日は40Kほど走って、小さい花を大切にしたと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白露前

土日で35Kラン。日曜日の今日は気温が楽です。凍ったボトル携帯なし。店頭には秋のビールが並んでいます。 でも、ライムソーダ割りがいいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処暑前

乾燥したさらっとした暑さです。給水はボトルホルダーを利用しています。水分携帯はあまり好きではありませんが、 保守優先です。ボトルはそのまんま冷凍して凍ったまま走り出します。特に暑い日には、走り終わるころには全部溶けてしまいます。氷どけのわずかな冷水、うまいです。140分JOG
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏JOG

 近所の公園の木陰を90分JOG。飲料はキレートレモンかソルティーライチを大幅に薄めたもの。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲリラ豪雨JOG

 降り出すのを待ってJOG。最初、蒸し暑いが、ざんざん降りになればシャワー効果あり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋分前

 昨日、台風接近の雨模様の中走りました。雨の日に走るのは何年ぶりでしょうか。  かつては大雪の日も壺足でズっぽ、ずっぽと走りました。  案の定、この日は、群れないシリアスランナー二名のみが、思い思いでペース走りをしていました。 ☆  腹の皮下脂肪2cm以上の厚味。野方図喰いで、脳髄が腐って役に立たない人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎熱JOG

 毎年、この時分には、炎天下JOGです。気温37度、公園の鉄管ジュースで給水しながら、できるかぎり木陰を求めながら、リラックスして集中すれば、そんなに危険ではないです。  といっても、向き向きでしょうけれども。  ランニング中でも後でも、さらっとした汗が出続ければ成功です。冷房病に陥り、自律神経が揺さぶられて、盗汗に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夾竹桃

 5年目のリアルな夏です。真夏の熱気と光が夾竹桃を通り越えて頭頂と両肩にのしかかる圧を感じます。日輪のパワーというものは激しく力強いです。  梅雨明け10日、恒例の炎天下JOGです。チャリですと逃げ場なく、ぎわ熱中症の縁ですが、ランならば日陰に逃げ込めます。  チャリでは我慢しがちですから、気づいた時には休憩のタイミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロング・ジョグ

 早く帰りたいぜヨ。 ☆  日曜の朝、エビネを撮って、昼前からジョグに出ます。出る際、間違った鍵を携帯です。家人は出かけました。 ☆  程よい時間で汗を流し、帰宅しますが入れません。6時近くまで、ロング・ジョグです。強制感があるとメゲマスので、無理矢理開放感を心がけますが、しまいには、足のアーチがヘタリ、体からミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズに白梅

モズは昨日の撮り初め、白梅は本日三日。暖かい正月の天気ですけれども、白梅とモズに、気が引き締まりますね。モズのニーちゃんは、数学脳の仮分数的に見えます。が、この姿勢のせいです。決めまくりのショットも撮りました。梅は、的皪の枝先に少々驚いた本日。晦日、元旦、撮り初めと三日続けてランニングしました。なんちゃってではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流離

 彷徨(さまよ)うというよりは、流離(さすろ)うのほうがピッタリとする。 ☆  オレは、走って、いつもの風景を越え、少し遠くまで走っている。安っぽい帰巣本能の呪縛が解けて、力入れずに、前向きに距離を伸ばし続けている。 ☆  かなり遠くまで来た。タイム・レースの緊迫感などない。LSDだろう。これはヤクではなく、ロング・スロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超猛禽

 トレイル・シューズ新調。今回もスポルティヴァ社のものを選ぶ。これまでのは脚に合い、まだつかっているのだけれども、摩耗が進み、踵部の減り具合が危険になっている。  4、5年前のたしかElectronというモデルで、ソールがクライミング・シューズを波立たせ、沢にはぴったりのものだった。もちろん通常路面でもクッション性はよい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リベット

Tv 1/500, Av 11.0, ISO 800, 焦点距離 105.0mm, マニュアル反射測光、手持ち、WB補正適宜  橋裏アーチ構造に穿たれたリベットのみを測光。四谷に復元された橋の裏は、ケーブル束や導管がひしめき小汚い。支持構造物も元とは異なり、機能面のみ重視。移築された橋の裏はそれに比べ美的。乗り物で、通過すれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模川ラン

 辺見庸のブログに出て来るコビトとは誰だろう。揣摩憶測せずに辺見自身だと思う。それほど、文章は痛く、言葉を模索している。上辺の感触だけから、「脱構築」などという半端なレッテルは無用だろう。文に辺見のカラダを感じる。  本日、バラ剪後、油かす肥料を施し、同じものをペットボトルに仕込む。熟成させても、かなりの香りだ。明言は憚ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鯨物語

 湯船の中で、全身の肌の総量が震え、ピクピクしている。とくに胸から背中にかけて、内部の熱が冷めずに、湯温を上回る。  どんな特別な料理、豪華な食事よりも、この時はかけがえがない。温泉宿の過度に高カロリーな食事を食べて、さらに温泉で体をフヤケさせることを繰り返すなんてのは、たぶん一生、性に合わないだろう。  久しぶりに走った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大門沢 (改)

 昼間はペンキ屋やってんだ。というセリフが直ぐ分かると、年代も知れる。  あの映画のときのJ.トラボルタは、顎の線もまだシャープだったが、あれから、ウン十年、いまでは、かなりイカツイ。けれども、表情には暖かみが出ており、役者としてプラスだろう。  水無月、トレイルラン。バイクはお休み。少々、体にピリッと刺激を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Voodoo

皎々とのぼってゆきたい 八木重吉 それが ことによくすみわたつた日であるならば そして君のこころが あまりにもつよく 説きがたく 消しがたく かなしさにうづく日なら 君は この阪路をいつまでものぼりつめて あの丘よりも もつともつとたかく 皎々と のぼってゆきたいとは おもわないか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑かった季節も懐かしく...

 本日、9月16日、朝、少し空気が変わった。「獰猛」と形容される台風が過ぎれば、毎度のように暑かった季節も懐かしくなるのだろう。 「トレーニングでは自分は弱いと思って努力しなければなりませんが、スタートラインでは自分が一番強いと思わなければなりません。レースに向けて、自分で何をしなければならないかを考えることが必要です。」大塚正美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッサリ忘れる

 新品の表面はパウダー処理で艶消しの風合いだが、削れて不均一な鏡面になっている。歯自体もすこし痩せて細くなった印象。5年経過。交換品を付けると残りの部分と色の違いが分かる。    もっとも頻繁にチェーンが掛かる16-18の歯組。ノイズ音が気になるようになっていた。お山ではロー側の4枚が仕事をする。そちらのセットはチタンなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more