テーマ:相模川

小倉橋チャリ

 ウィルス性夏風邪と曇天・雨天のためにランニングは2週間ほど控えていました。本来ならば夏は「走らない」ことがベストです。  夏風邪も引いてきたし、一眼レフ背負ってチャリに跨ります。坂では、生汗がとっぷりと出てきます。メットのバイザーから汗が滴り落ちます。 下手するとカメラに塩汗がしたたってしまいそうです。速乾タオルで汗をぬぐい、マールボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神沢の鮎

 相模川、大島から田名の神沢不動尊方面に抜けるザラ瀬を、釣りポイントの神沢と呼んでいる様です。湘南小学校や葉山島がありますので「湘南」です。  土曜日に撮った写真を整理していると、トンビが、神沢の鮎を右足に握りしめて滑空しておりました。  そう言えば、その日、釣り師の釣果は渋目でした。釣り人が縦並びに留まる、其の先の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水無月

 追憶でも、忘我でもない、今の相模川です。大分前の10月ころ追憶の河原だったことを覚えています。忘我というほどのことではありませんが、昨年、6月の末辺りに、ここら辺で鳥撮しました。  追憶でも、忘我でもなければ、そのままなすがままとは異なりますが、けだし、流されるのはいやなのです。  鷺類は飛んでいるよりも羽を広げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒川取水堰 ―ダイサギ

「堰」という字がなかなか思い出せません。車中、メモる時に嘘字書いて、現地にある企業庁の札で訂正しました。はこがまえの中に日に女です。間違いと分かりつつ、日の下に水、書いていました。日の下に女は、何かを収蔵する形象らしいのですが、それ以上、不明です。暇があればではなく、諸橋広漢和に当たりましょう。この程度の漢字は、変換でなく、素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模川

 押し入れの紙袋から、なんだ、これ?  10代のときに使ったコッヘルとキャンパー水筒がモロモロと出て来る。アルミ用品は、皿とヤカン付きだよ。ヤカン使うよ、蓋のポチを修繕した。水筒は、体に悩ましく反りがあうな。だが、下げるのはハズいな、昭和レトロであってもな。 ☆  天気は確かめなかった。葛根湯などの売薬を服用してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模川ラン

 辺見庸のブログに出て来るコビトとは誰だろう。揣摩憶測せずに辺見自身だと思う。それほど、文章は痛く、言葉を模索している。上辺の感触だけから、「脱構築」などという半端なレッテルは無用だろう。文に辺見のカラダを感じる。  本日、バラ剪後、油かす肥料を施し、同じものをペットボトルに仕込む。熟成させても、かなりの香りだ。明言は憚ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイドリング「険道」515三井相模湖線

 チャリ上では傷めた親指はまだ痛いし、擦過傷は治ったが、肩上部の構造がシクシクしている。29日は休日返上で、早めに寝たけれど、早起きの寝起きはスッキリとじゃーない。疲れが抜け切ったデフォルト・コンディションというのも、何か体が、出来立ての寒天のようにマッサラで、頼りなく、フェイドアウトして行く疲労感の後ろ姿があるようなのも確かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水郷田名からチラ見えた大山

 体は動かせたけれども、曇天も加勢してか気持ちのすっきり感は中程のまま、日が暮れれば雪もチラ付く弥生の23日か、もう12日も経った。  相模横山公園の段丘を過ぎてから仏果が顔を出し、高田橋に近づけば、大山が吹雪饅頭の頭を覗かせた。丹沢ネーサンを覗いたのはコレっきりの本日だ。それだけでもイイ。  NBのシューズなんて、もう20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当麻市場(たいまいちば)の光 ―無量光寺

 相模原補給廠(旧相模原陸軍造兵廠、Yokohama Engineering Depot)の縁を通って、清新から中央を経由し、上溝駅をかすめ道保川公園の辺りで河岸段丘地形を確認しつつ、水に沿っていることは感じている。向こうに丹沢山塊がいつもと違った形で浮き上がっている。 やけに座間という名の家が多い。座間の駅はもっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more