テーマ:写真

コロナ禍

 今年は、桜なんて見る余裕はなかった。コロナ禍。江戸時代の飢饉に思いを馳せる。コンビニなんかありゃしねー。でも、流通がストップしたら同じでしょ。マクスどころの騒ぎではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジコン戦艦とカワウの昼寝

 ラジコン戦艦。船の名称は何でしょうか?「辺にコソ死なめ 大王の〜」いや、ミズーリですか?もう一隻は、イージス艦みたいでした。   この鳥は、ターコイズの目の光に騙かされ、そこにフォーカスを持っていくと全体がボケます。キリッとした表情。  お次はソフト・フォーカス。Tvは80まで落としましたかね。  眠いぞなもし、アバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代赭色

 「丸山(眞男)が『忠誠と反逆 -転形期日本の精神史的位相』の中での論文「歴史意識の『古層』であげていたニッポン人の歴史意識の古層を形成する特徴的なことばは、「つぎ」「なる」「いきほひ」の三つであった。...  丸山眞男の論が正しいかにあまりかんしんはない。ニッポンの昭和十年代の熱狂としか名状のしようのない、およそ論理的一貫性というも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の散歩道

 カモが遊泳する波形。極めて繊細な部分がありますね。カモ撮ってんだか、波形撮ってんだか、その両方です。  戻り道で、いたね☆。アオサギ。  でも利口です、人目から見るのが難しいポイントを選択して立っています。木立や藪で、こちらからは見えにくいです。回り込んで近づけば、すぐに飛んでいってしまいます。しかし、大きな川にいる奴ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワウ三昧

 カワウ三昧。これもいいものです。 まずは、ポツネンとヒヨドリがいます。  結構、精悍な顔つきですね。誇らしい姿勢。  これは、先輩ですね。ロマンスグレーですか。ワタスもグレーありますが、こんなに綺麗じゃありませんぜ。 泳ぐ水面。 羽ばたき寸前。 嘴の手入れですか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮色

 午後三時過ぎになるともう暮色めいてきます。   この前にカモを取りましたので、シャッタースピードはノーマル150くらい。で、飛翔の姿には、調整が間に合わなかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮れの光

 いやー暗いですわ。f11でかなりのシャッタースピード。ISOは上がりっ放し。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶

 ごく若い頃は、乙羽信子が好きだったんですけれども、バッっちゃんが「乙羽信子かえー」「どうしてだ?」「庶民的だから」俺。お公家さんの「久我美子」はなんか高慢ちきで好かねーとか言ったと思います。10歳頃かね。  あれからうん十年、音羽さんも久我さんも好きです。ええなーぁ!  そんで、この鴨の下膨れの顔も二木てるみになので、好きです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more