アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
A contre-jour
ブログ紹介
                             

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
赤いナップザック
赤いナップザック  築地は海抜5メートル余りでしょうか。津波でアウトの領域です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/13 08:58
リアル王
リアル王 King Lear ... Speak! Cordelia Nothing, my lord. Lear Nothing? Cordelia Nothing, Lear Nothing will come of nothing. Speak again. Cordelia Unhappy that I am, I cannot heave My heart into my mouth. I love your majesty According ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 19:20
大雪前
大雪前  また、ラスト色になりました。 暖かい感じがします。陶芸の世界では、緋が出ると学びました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/03 18:18
美しいサビ
美しいサビ https://youtu.be/N5yyslqqhPE ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/28 22:20
La coccinella
La coccinella  てんとう虫ではなく、大納言です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/28 07:17
よれ感
よれ感  6ツ釦、2ツ掛け、ややピークドラペル。渋目のラスト色で、よれ感がありますね。高級衣服の一種です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/24 21:24
ラスト
ラスト  今年は、ラスト(錆色)がメインのようです。皮シボ。渋目の感じですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/21 19:56
愚親礼賛
愚親礼賛  忖度、阿るなど、標記のタイトル通りの今日この頃。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/17 19:26
Fargo
Fargo ⭐ もう、この季節が近づいて来ました。歳末の波が押し寄せてきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 07:16
采女橋
采女橋  安見児を得、大織冠も授けられた鎌足の采女とは関係がなく、今治藩出身の某采女正という職位の代官の屋敷があったことからの名前と言います。新橋演舞場のすぐそばで、着物を召した(身に積んだ)ご婦人たちが多いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/10 09:05
ヴィジョン2020
ヴィジョン2020  実走していません。色は深みがあっていいですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 09:54
Borax, borak, baraque
Borax, borak, baraque Borax, borax, it's tiny borax... あるいは、 Dire le vrai : l'adverbe « si » en français médiéval. Essai de linguistique historique. M.N. (1985), ou bien F.N. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/07 23:30
汐留
汐留  浜離宮庭園からの多分、デンツー・ビルヂングです。隣の建物の写り込みがコマ漫画にも見えます。庭園の堀には汽水の鰡が回遊です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/05 10:12
Bally
Bally   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 19:34
寒露前
寒露前 「サド・フーリエ・ロヨラ」という本を大昔に読んだか、パークーリールした覚えがあるような気がいたしますが、真ん中のシャルル・フーリエのものはノータッチです。空想的社会主義というラベルが貼られているニュートンと同世代の人物です。肖像を見ると○キです。サドはあのサド、ロヨラはヴィジョンが肥大化したあのロヨラ。挟まれてなんとはなしに欲動のはち切れんばかりの運動を感じます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 19:26
ボルサリーノ
ボルサリーノ  銀座の和光で買い物しました。この帽子ではありません。でも、今かぶっているハット、ボルサリーノです。18年前に浜のそごうで買った安いやつです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/02 18:03
無法松
無法松 けふ、この店で、てのごいを贖いました。多分一生もんでしょう。風呂場であかすりに使います。紺ぬき染めの紗綾文様です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/26 21:11
「月(ツキ)」が出た
「月(ツキ)」が出た  こんな夢を見ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/25 11:02
アッチェンティ・エ・ステレオティピ・イタリアーニ
アッチェンティ・エ・ステレオティピ・イタリアーニ  昔、ムカシ、季節のコオロギの音(ね)が... 西洋人は、セミやコオロギの音を雑音と処理するが、日本人は、そうでもないという、角田理論というものがありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/09 12:05
城 (Das Schloss)
城 (Das Schloss) 「豊かな」悲劇さえ知らない、このヌッポン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/07 21:13
10月(神の月)
10月(神の月)  42年前、『カッコーの巣の上で』(One Flew Over the Cuckoo's Nest)のラチェッド看護婦長(ルイーズ・フレッチャー)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 19:30
秋分過ぎ
秋分過ぎ  花梨、金木犀、鯖。旬のものです。和む黄色、甘い悲しさ、脂の旨さ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 10:22
秋分前
秋分前  昨日、台風接近の雨模様の中走りました。雨の日に走るのは何年ぶりでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/18 16:38
炎熱JOG
炎熱JOG  毎年、この時分には、炎天下JOGです。気温37度、公園の鉄管ジュースで給水しながら、できるかぎり木陰を求めながら、リラックスして集中すれば、そんなに危険ではないです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/09 13:21
立秋前
立秋前  先日の築地の火災、出火はここの隣の飲食店。一月ちょい程前の撮影です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 18:53
大暑
大暑  幻想は渡さない。チタンのJOG, ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 19:50
夏の流れ
夏の流れ  通るのは一瞬の風と光。一瞬の生とそれを讃すること。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/10 18:34
見附橋
見附橋  四ッ谷の見附橋と、長池見附橋です。四ッ谷駅前に消防署があるときには、真田堀の松も元気で、辺りは水平のいい感じでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/09 22:35
凌霄花
凌霄花  この花は暑苦しくて、あまり好きな花ではありませんでした。少し涼しくなってから、涼しさを込めて撮りました。写真のマジックです。中望遠70-200です。単焦点はそれなりのよさがありますが、すこし気張りがかかりますね。ズームでボーッと気楽にやるのもいいものです。フォトコンなんて意識しませんから、撮り得の愉しみです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/09 19:14
おまえは誰だ
おまえは誰だ  ライザップか? なんでOKサインなんだ? この山門から一歩も出られないんだな? 肉ばっか喰ってないで、ファストフードのゴミ喰わないで、面倒がらずに、ザーサイや、梅干しや、トーフ喰ったほうがいいゾ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 19:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

A contre-jour/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる