アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
A contre-jour
ブログ紹介
                             

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
アッチェンティ・エ・ステレオティピ・イタリアーニ
アッチェンティ・エ・ステレオティピ・イタリアーニ  昔、ムカシ、季節のコオロギの音(ね)が... 西洋人は、セミやコオロギの音を雑音と処理するが、日本人は、そうでもないという、角田理論というものがありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/09 12:05
城 (Das Schloss)
城 (Das Schloss) 「豊かな」悲劇さえ知らない、このヌッポン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/07 21:13
10月(神の月)
10月(神の月)  42年前、『カッコーの巣の上で』(One Flew Over the Cuckoo's Nest)のラチェッド看護婦長(ルイーズ・フレッチャー)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 19:30
秋分過ぎ
秋分過ぎ  花梨、金木犀、鯖。旬のものです。和む黄色、甘い悲しさ、脂の旨さ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 10:22
秋分前
秋分前  昨日、台風接近の雨模様の中走りました。雨の日に走るのは何年ぶりでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/18 16:38
炎熱JOG
炎熱JOG  毎年、この時分には、炎天下JOGです。気温37度、公園の鉄管ジュースで給水しながら、できるかぎり木陰を求めながら、リラックスして集中すれば、そんなに危険ではないです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/09 13:21
立秋前
立秋前  先日の築地の火災、出火はここの隣の飲食店。一月ちょい程前の撮影です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 18:53
大暑
大暑  幻想は渡さない。チタンのJOG, ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 19:50
夏の流れ
夏の流れ  通るのは一瞬の風と光。一瞬の生とそれを讃すること。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/10 18:34
見附橋
見附橋  四ッ谷の見附橋と、長池見附橋です。四ッ谷駅前に消防署があるときには、真田堀の松も元気で、辺りは水平のいい感じでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/09 22:35
凌霄花
凌霄花  この花は暑苦しくて、あまり好きな花ではありませんでした。少し涼しくなってから、涼しさを込めて撮りました。写真のマジックです。中望遠70-200です。単焦点はそれなりのよさがありますが、すこし気張りがかかりますね。ズームでボーッと気楽にやるのもいいものです。フォトコンなんて意識しませんから、撮り得の愉しみです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/09 19:14
おまえは誰だ
おまえは誰だ  ライザップか? なんでOKサインなんだ? この山門から一歩も出られないんだな? 肉ばっか喰ってないで、ファストフードのゴミ喰わないで、面倒がらずに、ザーサイや、梅干しや、トーフ喰ったほうがいいゾ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 19:40
カラー
カラー   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/07 17:27
小暑前
小暑前 鏡 暗闇 夜は近い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/06 16:19
ラ・レウニオン
ラ・レウニオン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/05 20:43
空のない橋
空のない橋  こんな写真は面倒です。でも面倒だから撮っておきたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/04 21:38
家族
家族 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/04 08:39
青嵐
青嵐  一体、何があったんだ? 恋人か、恋か? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/03 16:57
四ッ谷見附橋
四ッ谷見附橋  多摩に復元移築された長池見附橋の元の四ッ谷見附橋です。ご存知の通り、橋下に水の風景はありません。人の流れがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/03 06:32
銀ジャケ
銀ジャケ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 20:14
ザギンでシーソー
ザギンでシーソー  銀座で憂いと喜び、気分のシーソーです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/01 22:29
串川
串川  初めて見るアングルの串川のショット。少しはじっこに入れば、新鮮であると同時に、辿ってみたい気もおこってまいります。川トンボがいます。実に隅っこのよさですが、付近に住んでみたらどうなるかなー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 05:47
宮ヶ瀬
宮ヶ瀬  本日、短い撮影散歩。地場のばあちゃん2人と挨拶を交わしました。 おねーさんに声を掛けられることは皆無ですが、なぜか、バサマにもてるのです。泊まってたの?道だめだろ?自販機の飲料を飲みながら、何とも言えせん。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 19:40
歌舞伎
歌舞伎  梶大介の記事をどうして改めてわざわざ記載する気になったのか、不思議な感じでしたが、辺見庸『眼の探索』の「花食む男」(1998年出版)が伏線、内奥に触れる「粒のざらつき」ではないかなと思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 00:10
雨後
雨後  私は消えない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 10:05
小暑前
小暑前 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/23 07:36
夏至
夏至 「現在は平時か、僕は戦時だと思っています。あなたが平時だと思うなら反論してください。でないと議論はかみあわない」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/21 20:12
朝の散歩
朝の散歩 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/19 07:20
八丁の滝手前の瀞
八丁の滝手前の瀞  松茸山園地の東屋から、奥野林道ゲートへ向かおうと、そのとき、園地で憩っていた鳥屋林業組合のおじさんたちから声を掛けられました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 17:37
午前の光
午前の光  城跡のある寺です。私はタワマンを見るよりも、こういった水平的な空間がいいです。信心、由緒等は別として、観光スポットでない寺門は快適なスペースを提供してくれることがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 08:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

A contre-jour/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる