またカモ

 ですが、この子もかわいいので見てやってください。寒くなってオナガガモとる意欲ムンムン。

A22I9456.jpg

 今の時期には、カルガモくらいしかいません。シロハラを見た気がしましたが枝の中。エナガは、枝かぶりで、顔隠すし... 三脚据えて待つなんて気は起こりませんね。ルリビタキは見ただけで撮ったことはありません。また、山に行けばなんか撮れるとは限らないし、歩いていたら、30センチ先の枝になんかいるなんてこともたまにあります。一度、うそを撮って見たいです。

A22I9435.jpg

A22I9437.jpg

A22I9428.jpg


十五夜

 近くの駅のSCです。幻想的に撮ってみました。

3A7A0976.jpg

 あなたも、この汚穢政権にまみれるよりも、幻想的な日常を摂ってみれば? 生きる証を見せろよ、キョロキョロしてないで。

白露白鷺

 対岸に回り込むと、逃げるのは分かっています。近づく前に一斉に逃げる。大きな川は餌が豊富で彼らの領分。

A22I9349.jpg

シラサギ

 およそ一ヶ月くらい前の撮影。群れはフォーカスが難しい。よくみると、釣り師が水に浸かっています。

A22I9338.jpg

A22I9343.jpg

白露前

3A7A0934.jpg

 花のいのちは短いです。栄えは、開花して半日、いや、数時間でしょうか。しおクタれるまではそのままにするか、それとも、剪定してしまうか。苗のためには、早く摘み取った方がいいのかもしれません。

京橋郵便局

 これは築地にある京橋郵便局。京橋にあるのは京橋通郵便局。かつて、中央区の南に京橋区という行政区分があった。

3A7A0908.jpg

風景の「逆襲」

3A7A0902.jpg

 築地3丁目の都バスのバス停に一時停車しているのは長距離物流トラック。交差点角っこビルの、今風の壁面も、有名な弁当屋や鉛筆ビルホテルも、木々に隠れた京橋郵便局も、代赭色の禿げた東劇ビルも、なんとなく「敵対的」に感じる。関東、東海、九州を結ぶ緑の幌だけが進行性を持っている。

銀座はもう秋

  銀座の街は、はや、もう秋ですね。

  3A7A0901.jpg

 今年のルージュは正統派の赤ですか。こちらも紅が多いです。

 3A7A0907.jpg

  そして、定番の車輪ディスプレです。衣替えですな。
3A7A0912.jpg

3A7A0919.jpg

処暑過ぎ

 確かにひと頃の猛烈な熱暑は収まってきましたね。この花が、道路の植え込みの各所から首を下げています。
3A7A0899.jpg

3A7A0893.jpg

 ところで、iMacのキーボードが逝かれて(これで2度目)、電源を本体から引っ張るMagic Keyboardに換装したんですが、OSをHigh Sierraにアップデートする必要があり、面倒でした。特に写真ファイルのインデクス作成に時間がかかって、ぶっ壊れるんじゃないかと思いました。

   Sierraはスペイン語で「山」。ハモン・セラーノの「セラーノ」と関係しますが、日本のハモン・セラーノは全然味が違います。チョリソーなんて嘘ばっかし。現地に行ってこそ、ハムソー文化の深みを知ります。ニッポんでは土台無理。そうめんのゆずおろしの方がよっぽど気が利いたもんです。皆さん、「廃棄物」食ってますか?

 一方、こちらの花はいつまでも暑苦しい。

3A7A0898.jpg

ドロミテ

 兄ちゃんよ、アシストならば丹沢より簡単だぜ。


  ヘリで車体あげたんだろ? 夏場の熱暑も、蛭もいないよね。ジメジメでブ壊れるリッジもないよな。WCのDHならば姫次から伝道までのダウンヒルだよな、多分死者多数。榛の木丸の勾配はきついぜ。ただもんじゃねー。あそこやったら死ぬで、だからもうやらない。走りの登るんじゃなくて、制動かけて下るのは「死」。大杉沢は、落ち系のバイクでは可能だろうが、そんな技術はない。どんだけ、周りの状況の把握が必要か?死体製造ダヌ。流星法でやるならば別だけれども、鋭角のハーケンをあらかじめ打っておいて、そして、滑車で移動。そんなことはもう考えていない。それはレスキューの領域だ。大雨なら行動できないし、天候次第だ。支点に頼り切れるかも微妙。ナッツなど信じないので、やっぱり打つな。だが、あそこは、それだけでは足りなくて、生木ビレイとその場の状況で判断。丹沢は岩質もろい、新しい山域だから。

 アシストバイクの映像なんて感動も関心もしないぜ。外出ればアクシデントは背中に乗ってんだ。それをどうするかが「醍醐味」でもある。でも、丹沢の小稜線をバイクでやるのはたまらないな。多分、もうできねーな。かな?

  この空送のサウンド、こそが命。ナハ!https://youtu.be/cURc0fbsh1s