テーマ:

台風接近

 台風10号接近で、ものすごい湿気。  風で翻る木の葉。  水も騒ぎます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏ラン

 90分以上走ってみました、できるだけ木陰を通って。それでも走後、ダメージありますね。冷たい蕎麦食って、スイカ食ってやっと落ち着きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾は出ないチャカ

辺見庸ブログより 「若き工藤さんが翻訳し、高橋和巳が解説を寄せたそれを、わたしは拳銃のようにもちあるいたものだ。」そんな強力な生ける言葉に飢え続けている。飢えている、岩場のように飢える。スラの森田勝を思い出した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋

 暦の上での「秋」。ランニング開始しました(実は月曜にも少し走りましたが)。ウェストボトルポーチを付けて、ゆっくり目から入ります。 汗の出具合は上々の90分JOG。佳日。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井湖チャリ

 またまた、暑さ慣らしのチャリです。そして、また、一眼背負いです。ランニングは暦が秋になってから本格的にやるつもりです。今年は、一時、カーッと暑くなり、その後、長雨・低温傾向で、体が十分に発汗に対応していません。歳なりに自重が大事です。  瓶入りコーラの販売機ですが、瓶は入っていませんでした。まあ、オブジェですかね。あとで、体内が「ベタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガネムシ

 涼しげなメタリックグリーンですが、こいつの幼虫の食欲は旺盛で、バラの根を食い散らかします。梅雨時にオルトランを散布しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文月最終 ー夏休みの自由研究

この水面上の茂みの根元がカワセミの巣になっています。手前の水中倒木は、昨年の台風で倒れたもの。  ばて気味の鳩。  自然館の展示品、ぽんぽこボンネット・バス。  倒木の根元です。水中の枝は、魚の住処となっていることでしょう。  ヨツボシトンボ(?)   方角を確認します。  久しぶりに鳥を撮ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山遠望

 夏場にしては、よく見渡せた大山。風があったからでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土潤いてむし暑し

 弱い台風が来るそうです。かいなでくらいで済んでくれたらいいでしょう。台風後は、本格的な夏と言っても冷夏っぽい感じもします。  このアゲハチョウは、「モンキアゲハ」と言って、成長するに従い、白い紋が黄色になるそうです。  青空の下、動物、昆虫も動き出しました。山百合は、絶頂期でした。雨風にあったらおしまいでしたね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑

 明日は大暑ですが、今週は梅雨明けですか? 低温・日照不足でいきなり30℃越えの熱暑では体が揺さぶられます。夏風邪引いて、鼻ズルズル。  夏日の凌霄花は、地方の場末のスナックのどぎつい看板でたまりませんな〜、暑苦しくて。でも、目に涼しい翡翠蔓は、ありゃ、熱帯の産ですぜ。見るにはもっと熱い思いをしなければなりません。  ワダスは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラー

 今年は、たくさん咲きそうなので、一本、切り花にしました。昨年は咲きませんでした。一度、ジベ処理しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処暑前

乾燥したさらっとした暑さです。給水はボトルホルダーを利用しています。水分携帯はあまり好きではありませんが、 保守優先です。ボトルはそのまんま冷凍して凍ったまま走り出します。特に暑い日には、走り終わるころには全部溶けてしまいます。氷どけのわずかな冷水、うまいです。140分JOG
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏JOG

 近所の公園の木陰を90分JOG。飲料はキレートレモンかソルティーライチを大幅に薄めたもの。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲリラ豪雨JOG

 降り出すのを待ってJOG。最初、蒸し暑いが、ざんざん降りになればシャワー効果あり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至すぎの築地場外

 カマと頭を捌かれたクロマグロ。鮮度はよく、断面が氷いちごだ。キンキンの真澄でやりたいぜ。   周りは、暑くてカオス状態。誰もが、早く新鮮なものを腹に詰めたいとそわそわしている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋前

 先日の築地の火災、出火はここの隣の飲食店。一月ちょい程前の撮影です。  分厚い築地マグロはてんこ盛り山葵とで結構でありますが、旬はイワシですね。イワシの生も、昨今は、値が張ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後

 私は消えない。  「まっとうな怒りをせせら笑い、まあまあととりなして、なんにもなかったように見せかけるのも、この霧だ。記憶するかぎり、老いも若きもこんなにも理念をこばかにし、かつまた、弱きを痛めつけ強きを支える時代ってかつてなかった。」辺見庸『朝日新聞』掲載記事。『眼の探索』所収1997年。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至

「現在は平時か、僕は戦時だと思っています。あなたが平時だと思うなら反論してください。でないと議論はかみあわない」  辺見庸『いま語りえぬことのために』(2013年) 所収 「あらかじめファシズムの国」再び繙く。神奈川新聞インタビュー。 http://www.kanaloco.jp/article/64049 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午前の光

 城跡のある寺です。私はタワマンを見るよりも、こういった水平的な空間がいいです。信心、由緒等は別として、観光スポットでない寺門は快適なスペースを提供してくれることがあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラカンラ

 寺には10年以上来てません。  リアル場面では、コノヤロー偉そうな坊主的無視の雰囲気でしたが、フォトにすると、お前は誰だと聞こえます。「何だ?」ではなく  誰だ(Dalida)が大切に思います。  通りすがりで来ました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫雲

はなのことははなにとへ 紫雲のことは紫雲にとへ … この花の種を蒔きました。まだ、芽です。宿根すれば、毎年咲くようです。小さなカミキリムシですかね。 話は変わります。山岳事故・遭難が続きます。自己責任論と確率論と言い放てば、それだけですが、私は、己の性能の過小評価を旨とします(臆病)。人それぞれに楽しみ方があり、私は山の側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルブクロ

道端の自生ホタルブクロです。無の装いです。オカトラノオもそろそろでしょう。緑地のジシバリが今、見事です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more