テーマ:メンテ

クランク・メンテナンス

 9月中は日照的問題がありました。陽光メイヨーです。そんな時にはチャリのメンテに勤しみます。メンテの要はクリーニングです。チャリを逆さにすると、普段、気づかないパーツ劣化や、部品の欠損を発見出来ます。ある時、ディスクブレーキのオイルタンクの蓋に小ネジが一本なくなっていました。  さて、チェーン・ホイールの分解清掃です。FC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイール・メンテナンス

ホームセンターのスポーツ「部門」、ゴルフ用品売り場で買って来ました。張るタイプのウェイト。☆ハクイおネーサンに、スイング調整のモニターに誘われましたが、別なスイングがあるので、ヤワに断りました。☆いいや、どうせ山ヤロ、スピードなんて関係ないズら☆けっこう怠慢していました。でも、誤りだったのです。☆後輪のバランス自分で調整しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペダル交換

ペダル、素直に交換したんや。担ぎ上げを考え、チビットやて軽量ちう考えで、前のペダルを選びたんや。今回、200g程度の追加の重みどす。最近、坂で踏み込めなくなって来やハッタ。そうどす、加齢どす。運動器もそれなりにボロおすネー。 バイクを横に寝かせ、何らかん仕方でクランクん反対側を固定します。交換作業にはしっかりした専用のペダル・レン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキ・サービス

またまた、チャリのメンテです。今回、ディスク・ブレーキのサービスです。キャリパーとパッドの洗浄とピストンの当たり調整をします。ほったらかしにすると、この部分、金属粉が溜まります。ピストンの押し出し量も手順に沿って修正しましょう。でないと、時たま、何かの拍子にローターがシュリ・シュリ接触し、微弱であっても私は耐えられないのです。走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハドレー・ハブ・メンテナンス

 ハドレー・ハブは、ほとんどのパーツが分解可能です。フリーが入るラチェット部(爪車)は組付いたままですが、その他は、アクスルー軸も、フリー内部も、本体内部にベアリングを残し、すべて切削された部品にバラすことができます。 ☆  神之川行きで、チェーン脱落・食い込みで根元が傷ついたり、凹んだスポークは、なんなく、二本交換しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Park Tool TL5

 20.3cm、170g。鍛造タイヤ・レバー。強力とは知れど、実際手にして、ここまで厳ついか。対で持って行くとなるとやや躊躇われるなぁ。  だがなぁ。パンクは偶然でなく、ほぼ起こりうるし、実際、連続することもある。プラやナイロンのレバーじゃ、本当に一苦労です。  今使うタイヤのケーシングは固い。  コンビニ駐車場で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超猛禽

 トレイル・シューズ新調。今回もスポルティヴァ社のものを選ぶ。これまでのは脚に合い、まだつかっているのだけれども、摩耗が進み、踵部の減り具合が危険になっている。  4、5年前のたしかElectronというモデルで、ソールがクライミング・シューズを波立たせ、沢にはぴったりのものだった。もちろん通常路面でもクッション性はよい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーリー

 プーリーは、ガイド(ジョッキー)・プーリーの内側がもっとも削れやすいです(Rメカは、ロー・ノーマルで、トップ側に変速の際、左プレートがチェーンを押して行きます)。  何度も上下・左右ひっくりかえして使用したため、経年で、テンション・プーリー共にややガタツキは否めないです。でも、もう少し使用できるとは思います。  適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェーン・リング

 XTR FC-M970の着脱は、妙な工具を使い、はっきり言ってめんどくさいです。もう慣れました。  リングを32から34Tに交換です。バッシュ・ガードで普段からよく見えず、交換時期が少々遅かったようでした。もともと、このセットのリングはシンメトリーな歯並びではなく、比較的薄刃なのですが、写真11時の2枚の刃は、左右から研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月

 榛ノ木は地味だ。名札付きで見れば、これか?と思うほど凡庸。山中で榛ノ木に気づくのは稀だ。  この国では三角形の内角の和は180°で決まり、もう少し考えると、そうでもないという云々を考えない。  まだ、考える自由があるかという問いが、もはやないと言うか、その問いの自由をないがしろにしている。  獣以下だろう。けもの、昆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春ノ木丸

 相模原北署から、見える「カラアゲ放題」レスト・ルームの看板。何か脂っぽい休憩所だな… 「カラオケ」の見間違いだ。どうせなら「カラスアゲハ」が華麗に舞って欲しい。浅葱マダラは目撃した。暑いぞ。  用具の準備を整えた土曜晩のナイト・キャップは、ムード歌謡の弾みでナイトハーフボトルに変化し、朝、少々頭痛し。  陽で、重量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨チャリ・メンテ

 ブナの木のラテン名fagusはギリシャ語の「食べる」という語に遡れるらしい。西洋で飢饉の時に、ブナの実を食べて凌いだ。ブナの実で育つブタの脂は美味だそうだ。イベリコ豚もドングリで育つ。  幹を切ると水が溢れるというほど保水力がある。木材としては狂いが多いが、曲げ物には向くなどという。  そういったことよりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日はサスメンテ

 雪の降る夜は、楽しいペチカ… 雨の降る日は、「楽しい」メンテ。  フロントサスのオイル交換。ドライブ側アッパーの5w、203ccは透明。でも、古びの有機臭あり。年に3回は交換しようと努力。 ○しめた。これから寝て待とか。  ヘッドパーツも洗浄、グリスアップ。フォーク・コラムに水滴が。雨か、洗車のどちらか。コラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・メンテナンス

 Fシフターの調子が良くなかった。山中の押し上げ、抱き上げ、担ぎ上げ中、辺りに何もない訳ではない。枝や茨の障害物がシフターケーブルに引っ掛かることは常時。大概、緩んだりして調整が狂うが、現地では、そのとき、そんなことはお構いなしだ。  枝葉末節に関わる暇なし。  ト、書いていたら、カタタタッ、(グーウラッ・グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏もつとめて

 暑くなるとこの曲を聴きたい。  村治の丁寧な演奏。  二胡のとろけるような調べもいいが、アランフエスやバッハも奏でるこの楽器の可能性は広い。  盛夏で、たのもしい暑さだ。へこたれず、早朝のメンテナンス&整備。  朝だがキャバレーのような写真になっているって? エルドラドと言ってくれ。  オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッサリ忘れる

 新品の表面はパウダー処理で艶消しの風合いだが、削れて不均一な鏡面になっている。歯自体もすこし痩せて細くなった印象。5年経過。交換品を付けると残りの部分と色の違いが分かる。    もっとも頻繁にチェーンが掛かる16-18の歯組。ノイズ音が気になるようになっていた。お山ではロー側の4枚が仕事をする。そちらのセットはチタンなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹色のみずうみ ―バイクメンテ

 サスペンション・フォーク、向かって左。アッパーチューブ内のダンパーオイル、5wt、 203mlを交換、加えて、左右ロワーレッグ15wtのオイル交換。さらに、コイル側の内部とコイルを洗浄、潤滑油塗布。  結果、チューブの動きはスムースになり、フラッドゲートをオンにすれば、おお、蘇る。しっかりと固定する。オイルの劣化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙面のうわさ

○わからん記事を書いて「ニュースがわからん」、ワカラン。―ニュース・ナインと似ている。「ニュースの核心はどこだ?」 ○得意技は「火のないところに放火する」。Chakuwiki(CW) ―犯罪だ。 ○左派の新聞なのに社旗が軍旗にそっくり。CW ―そっち・こっちはどうでもいいが、そっくりでなく旭日旗。 ○「天○人語」は酔っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「増新」簡易アイゼン ―刃をメンテ

 先週の中頃の朝。 「バリボリ、バリボリ、ギっ、ギッ…」  尾根を削ってできた電線ケーブル地下埋設の道路。ここからは丹沢と富士山の頭が見える。冬の様相になったのは、一昨年も去年も師走の8日からだ。季節の運行は順行に思える。  歩道と公団住宅の壁に響く・ヒビク・ひびく…  軽アイゼンの音響。  ゲンコツせんべいを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お山の土産

 焼山尾根DHで、リアに打ち枝噛み、スポーク一本根元変形。挟まったのは奇妙なもので、球状根から突起何個かが出た、そんなものが挟まった。打ち枝でなく、根っこ。  メンテに専念。スポークを差し替え、テンション調整。振れ取り。そこそこの手間。リムフラップも交換(これはコマメにやろう)。  たまには、清川の丹沢味噌や荻野のアンパンでもみやげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野分

Dia de luz, festa de sol, e um barquinho a deslizar, no macio azul do mar Tudo é verão e o amor se faz, num barquinho pelo mar, que desliza sem parar Sem…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビミョーだ、でも製品だ

 ダウンチューブBBまわりを保護する。この製品は、どんなフレームにも「フィット」するのだからフィットはビミョーだ。でも、製品だ、多少のルーズさは許そう。  梱包用のやや厚めの透明ビニールテープを張っていたが、粘着剤は汚れを集める。ピボットの部分の丸い突き出しを飛び石から守ってくれるだろう。モルフォのエストラマーで、フランス製だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BBとサスと

 BB30とか86とか圧入式のものがトレンドなんだそうだ。ヘッドパーツと同じノースレッド方式らしいが、どーなのかしらン。ガタツキは来ないんだろうか。BBアダプターのスレッドには、神経使うからなー。本来的には、交換時に毎回タップ立てという工程が筋なんだろうけれどナー。  アダプターを回す工具、カップ式も複数のメーカーから出てるね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BB脆弱

茜雲あえかに残り亡母の背の 温みなつかし武蔵野暮るる                                池田澄子 あえかなり 動詞「落(あ)ゆ」と関係あり。若い女などの体つき、態度が頼りなく弱々しいさま。「花やかならぬ姿、いとらうたげにあえかなるここちして」源氏夕顔(岩波古語) 立川の残堀川近くの緑地公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンク足し増し

 XCのローライザーからFR/DHのものに換えれば、シフターケーブルの取り回しに余裕がなくなるのは当然。面倒いけれども、フロントのケーブルを新品に交換して、アウターも足増しして遊びをつくってやらなければ、左ハンドルが急に切れたときに、ケーブルがぶっちぎれるのは必至。きれいに破断すればいいが、ワイヤーが意外にテンパって保ったりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BB

 ボボ・ブラジルじゃないョ。ましてや、BBキングでもない。少し悔し目だが、クリスキングのBBではない。さらに、ことさらに、絶対に殿様キング(ス)ではありえない。ただ、純正品の「操」は守り通したとは言える。  冷蔵庫のメモにBBと書かれている。まさか…。このパーツ名が分かるのは自分一人しかない。それに、そのパーツの要交換を感じて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミネラル・オイル

ライドの記録じゃないョ。 雲も行き風もとまらぬ大空にきはなき色はかすみなりけり 他阿 1310年  これは700年前の時宗、他阿上人の歌。多分、春が想定されるが、今の季節でもマッチする歌だ。色が出てないのに、心象に色が浮かぶデカイ歌だね。  雨天ライドの後のバイクのケアに結構時間がかかった。クリーニングよりもブレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sky fell over me

 その後の調整がめんどいとか思ったって、外さなきゃ手入れできないジャン。無理にツッコんでぐりぐり回したらスレッド潰れるよ、そしたら、ショップへ持ち込むか、あるいは、あれ、高いの買うのかヨー、持ってもいいと思うけれど身分不相応な雰囲気ダロー。  BBのメンテ。時期が来ている。外すとはフロントディレーラーの台座。そうBB軸取り付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペダル・リビルド

 先週の早戸大滝行の疲れが、やや腰に残る。梅雨開けから熱中症で亡くなる人が増加している。やはり、無理は禁物。特に山行中、自己山間運動能力過少評価あるべし。  CBのSPDペダルの再建をしたけれども、片側の回転が何となく渋い。時間をとって、工程も確認して数回やり直し、正しく組み付けたつもりは、ツモリ、ベアリングの馴染みが出ていないのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の水は厄介 ―後輪のポニョ

 とうとう、「一線」を越えてHADLEY様を手にした。理由は、リアにムク10mmのスルー・アクスルーを導入したかったからだョ。  XTRのリア・ハブに取り立てて不満はないけれど、同じ10mm軸でも、そのアルミは薄く、柔で、両端に、これも軽めのピボット軸が付いていて、結局XCのQR仕様ということだ。それが、どうのこうのと言うので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more