テーマ:パーツ

スプロケット

 スプロケットは、古典的な9速です。10、11速ではパーツ間のクリアランスが厳しく、ギヤ板も若干薄刃にならざるを得ません。これはXTですので、一体型です。前のXTRは使い倒しました。シフターはブレーキ一、ー体型のデュアル・コントロールで骨董品です(笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整備

 ああ~、整備はしてるんだが、山に連れてけねーな。 でもサイモン・フィリップスってあの時何食ってのパワーだったんだろうなー。 ヤン・ハマーも相当なマルキだぜ~、ワイルドだぜー。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予感

 とっ早くは2日かかったぜ、でも仕上がりは丁寧だぜ。  ブレーキパッドは双メタルに交換、オイルのブリーディングと、ピストンの幅だし、ローター調整、超めんどくさい。でも楽しい。ブリーディングにはシマノの純正品は要らない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CS-M770

予定通り、カセット交換です。すこし、遅かったです。チェーンもKMCのX9の少し重いやつを購い、コネクティングPINのCN7700をx2、それにKMC のリンクx2も揃えました。PINだけ、不思議な日本製です。 どーですか、34Tのワイドなギア板。MTBには根強い需要のM770です。梨地のマットな状態がたまりませんね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shimano RD XTR 970

 私のリア・メカ。抜群の信頼度です。全く問題ない、ハラショーです。求めていた製品が、まだここにあり、色濃く愛しいです。新品は、もう、ほぼ入手できません。  後輪、リム、組み直します。Mavicでしょう。ヘッド・セット、確認し、グリス更新しました。タイヤ、あまり減ってませんが、きっちり交換する必要あるでしょう。    ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペダル交換

ペダル、素直に交換したんや。担ぎ上げを考え、チビットやて軽量ちう考えで、前のペダルを選びたんや。今回、200g程度の追加の重みどす。最近、坂で踏み込めなくなって来やハッタ。そうどす、加齢どす。運動器もそれなりにボロおすネー。 バイクを横に寝かせ、何らかん仕方でクランクん反対側を固定します。交換作業にはしっかりした専用のペダル・レン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

eXo-skeletal(外骨格)

 白光に萩の花掃く影独り  ダルマ萩の花もとっくに終わり、金木犀も残り香程度になった。山に行かないが、通勤路で山の雰囲気を噛み締める。これはこれで悪くはない。  ほぼ一ヶ月後の本日、電光一閃の痛みの走りこそなかったが、かなりの程度のギックリ症状がでる。そういうことだ。なんとな~くという予感は付き纏った。運動も何もしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーリー

 プーリーは、ガイド(ジョッキー)・プーリーの内側がもっとも削れやすいです(Rメカは、ロー・ノーマルで、トップ側に変速の際、左プレートがチェーンを押して行きます)。  何度も上下・左右ひっくりかえして使用したため、経年で、テンション・プーリー共にややガタツキは否めないです。でも、もう少し使用できるとは思います。  適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェーン・リング

 XTR FC-M970の着脱は、妙な工具を使い、はっきり言ってめんどくさいです。もう慣れました。  リングを32から34Tに交換です。バッシュ・ガードで普段からよく見えず、交換時期が少々遅かったようでした。もともと、このセットのリングはシンメトリーな歯並びではなく、比較的薄刃なのですが、写真11時の2枚の刃は、左右から研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライト修理

 アルミのバッテリーケースは、すぐさまに、ゴミ箱に放り込んだ。ライト本体は、かなり気に入っていて同様な仕打ちはできなかった。  物持ちが良過ぎる傾向あり。7月に瞬停があったときに、冷蔵庫と炊飯器が逝かれたので新しくした。それぞれ30年、20数年経ていた。だから、冷蔵庫というのは、上の方に製氷、冷凍室があると、まだう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リア・ショック

   バイクのリア緩衝器。  ショックを吸収するだけでなく、挙動、推進にも関与する車体の一部。  先週のメンテ時に、フレーム付属のDHX3、シャフト側のアイレット(エンド・アイレット)表面にクラックがあるのに気づく。シャフトエンドの丁度裏で、レデュ-サーが入る面から上がって来ている。  金属疲労。これはマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD

 チェーン脱落防止具材(チェーン・デバイス)を交換。  スライド・ローラーを支持するパーツが沢ライドかなんかで、割れていた。  接着剤で誤摩化し固定していたのが捥げて紛失。  そのままでも回転するが、だらしない。  アルミ板とパイプで自作するかと思っていたところ、カナダの製品を買ったほうが安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リム換装

(組む前の有効リム径の確認。この状態で持ち上げて、リム縁を指で弾くと、音叉の響きが出る。ワクワク。)  シンクロスAM DS28から、Transition Revolution32にリム交換。AM DS28はもう3年越しで使い、ホワイトペイントが汚れて見窄らしい。それよりも、バルブホールの裏に腐食が起って、もう引退とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリパー

 XTR975のリア・キャリパー。エンド固定へのネジ穴をリコイルで修復。片方は、一年ほど前にリコイルしたが、正規のボルトが入るもう一方のスレッドが摩滅した。  リア203mmのローターは「見栄を張った」規格だったのだろう。写真のようにアダプターの穴もブレーキングの衝撃で広がっている。  ひと月前ほど、帰宅し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハドレー工具

 ようやく入手したハドレー・ハブの工具。  手にした後、一日置いた。私には、即日にモノをいじり、興奮のあまり、壊しかけてしまう傾向がある。  こうしたことも愛好家の性癖の一つで、プロと決定的に異なる。  溜めた疲労が一気に表面に出て、作業は長く掛かった。汎用工具を工夫しても分解可能であるけれども、途中までで、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュー・バー

 径35mm、長さ750mmのハンドルバー。化粧箱から取り出した印象は、バイクのミニュチュア・マフラーか。  デフォルトの800mmでは、いかんせん長過ぎる。  バイスにコラムカットガイドを噛ませ、金尺で直角を決めて締め込み、ハクソーで両端をカット。ノコの音が終盤で鳴くようになった。あとから確認すると、歯が疎らに摩滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏もつとめて

 暑くなるとこの曲を聴きたい。  村治の丁寧な演奏。  二胡のとろけるような調べもいいが、アランフエスやバッハも奏でるこの楽器の可能性は広い。  盛夏で、たのもしい暑さだ。へこたれず、早朝のメンテナンス&整備。  朝だがキャバレーのような写真になっているって? エルドラドと言ってくれ。  オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HADLEY

   ヨーヨ・マーのCDは持っている。だが、それはコントラバス。  挑戦的だ、アグレッシブだ。  月並みな言葉は砕け折れて、美人だとかという台詞も墜落して、切り込まれる。  理由は分からないが山の神と思った。性別を超え、哀愁のジェット・リーと薄刃のチャン・ツイーィが混じったような表情だ。迂闊な防御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹色のみずうみ ―バイクメンテ

 サスペンション・フォーク、向かって左。アッパーチューブ内のダンパーオイル、5wt、 203mlを交換、加えて、左右ロワーレッグ15wtのオイル交換。さらに、コイル側の内部とコイルを洗浄、潤滑油塗布。  結果、チューブの動きはスムースになり、フラッドゲートをオンにすれば、おお、蘇る。しっかりと固定する。オイルの劣化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峰境界ライド

(Beckの帽子とパンツが…)  峰境界といっても、おヤマ方面での内容は乏しい。定時に戻る要があり。ただし、本日、路面状態は最高だ。  まずは、MTBの整備方面から行こう。  なくても、今の状態で構わないか、とは思ったけれンども、間抜けな歯抜けじみているので、純正パーツを頼んだ。シッピング料金がパーツの値段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンジュ「天使」

 アクセサリー・カラビナのように見える青い一枚。でも、クライミング用。アクセサリー用でも映えます。山ガールのあなたも2枚ほどいかがですか。ザックサイドにラーケンのボルトでなかったボトルをさりげなく吊るせばオサレでしょう。  メジャー・アクシス22kN、マイナー・アクシス7kN、ゲート開放10kN、重量34g。対して、同等サイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能もいいけど、華麗もネ。

 マルゾッキのshiverカムバック? 寝ぼけている。    Moto用のサスじゃないの。バイクでも倒立サスの動きもありそうな気配はする。なかなかの引きつけ度をもっている。姿はレトロな雰囲気で、それでいて華がある。程よいソソラレ具合で、何か楽しい。飛び出てもなく、地味でもないね。    スタンション径53mm、7.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビミョーだ、でも製品だ

 ダウンチューブBBまわりを保護する。この製品は、どんなフレームにも「フィット」するのだからフィットはビミョーだ。でも、製品だ、多少のルーズさは許そう。  梱包用のやや厚めの透明ビニールテープを張っていたが、粘着剤は汚れを集める。ピボットの部分の丸い突き出しを飛び石から守ってくれるだろう。モルフォのエストラマーで、フランス製だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BBとサスと

 BB30とか86とか圧入式のものがトレンドなんだそうだ。ヘッドパーツと同じノースレッド方式らしいが、どーなのかしらン。ガタツキは来ないんだろうか。BBアダプターのスレッドには、神経使うからなー。本来的には、交換時に毎回タップ立てという工程が筋なんだろうけれどナー。  アダプターを回す工具、カップ式も複数のメーカーから出てるね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BB脆弱

茜雲あえかに残り亡母の背の 温みなつかし武蔵野暮るる                                池田澄子 あえかなり 動詞「落(あ)ゆ」と関係あり。若い女などの体つき、態度が頼りなく弱々しいさま。「花やかならぬ姿、いとらうたげにあえかなるここちして」源氏夕顔(岩波古語) 立川の残堀川近くの緑地公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンク足し増し

 XCのローライザーからFR/DHのものに換えれば、シフターケーブルの取り回しに余裕がなくなるのは当然。面倒いけれども、フロントのケーブルを新品に交換して、アウターも足増しして遊びをつくってやらなければ、左ハンドルが急に切れたときに、ケーブルがぶっちぎれるのは必至。きれいに破断すればいいが、ワイヤーが意外にテンパって保ったりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェイク・ダウンはこれでいい?

 バリットに換えてから、大したことがナイが転倒などが続く。やっぱり、まだ、ジオメトリーなど体に馴染みが出切っていないのだろうが、こうしてだんだん慣れているんだろうけれどね。Mというフレームサイズは合わないのかなあ、そんな感じではナイのだが。担ぎでは相変わらずトライアングルに肩は入れられないが、丸パイプのチューブは扱いやすい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉隠れディレーラー

 疲労気味だからといっても、小学生もビックらのドジだな。植木算とか苦手だったのか?いつから、チェーン・ホイールが4速になったんだョ。  HGチェーンが、フロントアウターに入らない。それは調整ボルトの締め込み過ぎだ、フォォー。自分で締め込んだのを忘れ、シフターに原因を求めた。あれー、「3」クリック利かないナー、シフタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組み上がり

 パーツはヘッド・セットを除いてほぼ全て、前のバイクから移植するっス。スターナットは、ラジペンでなどではテコでも動じない。いかんせん、ドライバーなど無意味だ。だいたい、それ相応の働きのパーツで、強力だが、外すとなると危険な鋼なんだナー。なので、ねじ切り棒でステ管の裏からドツク。くしくも、交換間無しのBBカップのスレッドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more